ビジョン

推陳出新

弊社の企業ビジョンは、会社概要にある通りですが、ここで分かりやすく補足しようかと思います。
弊社のビジョンは、合言葉に集約されています。
その合言葉とは、「推陳出新」です。
意味としては、「陳(ふる)きを推して新しきを出す」ということ。
この考え方を「弊社の業務内容」や「弊社の商業精神」に合致させています。

 

突出したテクノロジー

具体的に言えば、「不動産帝国」、「ドローン活用」がこれにあたります。
「不動産帝国」というサービスは、不動産の取引においてオーナーとエンドユーザーを直接結んだ直取引のシステムです。
これにより多くのお客様が、不動産業者を介さなくても不動産を流通させることができます。
また、弊社は外壁工事の際にドローンを活用し、大手ゼネコンの1/30のコストで外壁を調査することができます。
いずれも新しいサービスに見えますが、「昔ながらの業務」に「テクノロジー」を加えたものです。
やっていることは、今までの業務ですが、世間からすれば新しいサービスです。

 

人に優しい改革精神

次に弊社の商業精神についても「推陳出新」です。
具体的には、弊社の商業精神は儒商に基づいています。
「儒商」とは「儒教」と「商業」の概念を合体したものであり、「徳」を立身の本とし、「義利合一」の価値観を貫き、「競争原理」をビジネスの世界に巧みに取り入れ、「以人為本」(人本位)の管理を重んじ、新しい道を開拓する「改革」精神のことを言います。
これに基づき弊社の全従業員は、社会的道徳や強い社会的責任感を持つと同時に、現代企業管理の能力と開拓精神を備えることを共通の課題としています。
弊社は、ビジネスを通じて社会貢献をすることを当然のことと考えています。
なぜならば、「義を先にして利を後にする者は栄え、利を先にして義を後にする者は辱められる」という「栄辱観」に基づいているからです。
そのため、テクノロジーの力で不動産業界及び建築業界にある業者のための悪慣習を一掃するために日夜業務に取りかかっております。
私たちは弊社は2022年に上場を目指し、私たちの住むこの業界をエンドユーザーにとってより良いものにするために改革し続けます。
また、顧客の皆様から頂いた「利」は、社会貢献に積極的に還元させて頂きます。
特に悲しい「児童労働」を根絶したいと切に願い、アフリカのガーナの地に小学校建築という形で実現中です。