会社沿革

昭和43年
株式会社東京社宅コンサルタントとして東京都調布市の地に誕生。

昭和45年
施工物件の管理を自社で完結するために不動産管理部設立。

昭和52年
トップセールスマンであった高木惣一郎が二代目社長として就任。
これを機に株式会社東京建設コンサルタントに社名変更。
旧本社の隣にあった土地を購入し自社ビルを建築。そして本社移転。
調布市国領町5−5−5より5−5−13になる。

昭和54年
次男として高木隆が誕生。

平成20年
御陰様で新築マンション及びアパートの建築施工数200棟突破。

平成21年
本社ビルの1階に不動産事業部を設立し、本格的に賃貸及び売買仲介を開始。

平成25年
高木隆が三代目社長として就任し、「不動産をもっと面白く」をコンセプトにする会社を目指す。
「おんなの子+不動産」という独創的なコンセプトを持った「コンセント不動産」オープン。

平成26年
香港・マカオ市場に進出し、現地の不動産投資家に対してセミナーを開催する。
不動産転売事業を開始する。

平成27年
上海・マレーシアに進出し、現地の不動産投資家に対してセミナーを開催する。
RHPプロジェクトを開始する。
香港市場の取引が好調なために香港支社設立。
飛田給シェアハウスオープン

平成28年
マレーシア支社設立。
香港のファンドと提携。
インディペント大家をリリース。
BM事業部設立。
つつじヶ丘 シェアハウスオープン。

平成29年
『週間ダイヤモンド』の取材を受け、「保育園」建築についてインタビューを受ける。
大久保シェアハウスオープン。
金龍門稼動。
大阪支店を開設準備中。
職人を社内で内制化。